漢方とサプリメント

女性は妊娠すると葉酸やビタミン、鉄、亜鉛などの栄養素が不足しがちになります。
特に葉酸は、妊娠すると極端に必要量が増加します。
葉酸は胎児の神経管閉鎖障害に対してリスクを軽減できるとされる栄養素です。
食生活に積極的に取り入れて元気な赤ちゃんを産みたいものです。
葉酸を多く含む食品としてはホウレンソウやグリーンアスパラガス、イチゴやパパイヤなどが挙げられますが、これらを毎日食べ続けるのは、難しいものです。
そんな時に頼りになるのが、サプリメントです。
錠剤やタブレット型のサプリメントが多数販売されているので上手に利用すると便利です。
また、妊娠中期以降に必要量が倍増する鉄についても、無理なく摂取するにはサプリメントが便利です。

薬局やコンビニ、ネット通販など、さまざまなところで販売されているサプリメントですが、その安全性は重要なポイントです。
どこで生産されたのか、どのような成分が含まれているのかということをチェックするのがおすすめです。
また、栄養素の含有量にも差があるので注意が必要です。
例えば、葉酸の場合は厚生労働省が推進している1日あたりの基準量0.4mgの葉酸を摂取できるものを選ぶことが大切です。
また、合成葉酸と天然葉酸との二つの種類がありますが、天然葉酸の方がより安全性が高いと考えられています。
毎日飲むものだから添加物にも注意を払いたいものです。
鉄などの栄養素は病院で処方されることもありますが、自分で選ぶ場合はきちんと確認しておきたいポイントです。